プラレールの知育効果まとめ 効果的な遊び方を解説!

プラレールは知育効果がある

電車が大好きなお子さんに人気のプラレール。

販売元のタカラトミーは知育玩具として販売を行なっていませんが、実際に遊ばせてみて知育効果を実感している親御さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は「プラレールにどのような知育効果があるのか?」プラレールの魅力についてまとめてみました。

ぜひ プラレール を知育玩具として活用してみてください。

プラレールの魅力

出典元:https://www.amazon.co.jp/

プラレールは「遊び方を規定しない」というコンセプトがあり、発売から50年以上経っても子どもから大人まで幅広い層に人気のロングセラー鉄道玩具です。

その魅力は無限の遊び方にあります。

プラレールはレールの組み方によって様々な遊びができます。

直接レール、曲線レール、坂レールや踏切、駅、トンネルなど、子どもの想像力を掻き立たせてくれます。

また、完成したときの達成感も味わえるのでお子さんの自信にも繋がります。

プラレールは1959年の発売以降、大きなモデルチェンジを行なっていません。

親御さんも小さい頃に慣れ親しんだプラレールで、子どもと一緒に楽しめるのもプラレールの魅力です。

プラレールは知育効果がある

プラレールは知育効果がある

プラレールはレールの種類が豊富なので、お子さんの想像力を養うのにピッタリです。

初めのうちは親御さんが手伝いながらレールを繋げていきお子さんに見本を見せてあげます。

それを見ているお子さんは、見よう見まねでレールを繋げていきます。

これだけでも思考力、模倣する再現力が養われます。

また、実際に列車を走らせることで達成感も味わえます。

そして慣れてくると他のおもちゃと混ぜて遊べるので、人形で線路の渡り方を覚えたり、トミカと組み合わせて交通ルールを学んだりもできます。

これだけでも様々な知育効果があるといえます。

プラレールの知育効果まとめ

プラレールの知育効果まとめ

では、どのような知育効果があるのかまとめてみます。

以下の表は「使用するパーツ」「得られる知育効果」「どの遊びが知育に繋がるのか?」3つに分けてまとめています。

使用するパーツ得られる知育効果どの遊びが知育に繋がるのか?
レール手先の訓練になるレールを繋げる
レール思考力を育むレールを繋げる
レール想像力を育むレールを繋げる
レール集中力が身につくレールを繋げる
ブロック橋脚
坂レール
空間認識能力が身につく高さを付ける
全て達成感が味わえる完成したレールに列車を走らせる
全て片付けトレーニング片付ける
全て地理や社会の学び踏切、駅、トンネルを設置する

上記は一例になります。

レールの種類や遊び方によって得られる知育効果は変わります。

注意点

ただし、これらの知育効果は科学的に実証されているわけではありません。
実際にプラレールで遊んでみて感じた効果をまとめています。

以降、得られる知育効果を個別にまとめています。

お子さんと一緒に遊んでいる様子を想像しながら読み進めてみてください。

知育効果① 手先の訓練ができる

指先を使う遊びは脳の発達に良い影響を与えると言われています。

細かな遊びをすることで神経が発達し、運動能力言語力が養えます。

指先を動かす遊びは、子どもの脳の発達に良い影響を与えます。

指先を使うことで神経が発達していき、細かな動きもできるようになっていきます。 脳に刺激を与えてくれるので、思考力や言語力、運動能力を育てるためにも指先を使った遊びは大切です。

新興出版社より抜粋

知育効果② 思考力を育む

思考力とは考える力のことです。

プラレールは積み木やパズルのようにどのレールを繋げれば上手くいくかを考えながら遊べます。

目標に到達するまであれこれ考えながら組み立てていきます。

初めは上手くいかなくても何度も遊ぶことで思考力を高めることに繋がります。

知育効果③ 想像力を育む

想像力は今まで見聞きしたことを真似て、そのイメージを膨らせてレイアウトを考えます。

親御さんが遊びに加わることでお子さんの想像力はさらに鍛えられます。

お絵描きやごっこ遊びのようにレールを繋げて最寄りの駅を真似ることで再現する力も養われます。

知育効果④ 集中力が身につく

幼児期の集中力は年齢+1分程度といわれています。

私もその認識でしたが、プラレールは別物です。お子さんによって個人差はあるかもしれませんが、レールを繋げるだけでも30分は平気で遊んでいます。

また、それに加えてトミカを使って線路の周囲に並べるので、1時間は集中力が途切れることなく遊び続けています。

遊びに関しては集中力のデータは関係ないのかもしれませんね。

このようにプラレールはレールを繋げることも遊びの一環で集中力を養うことができます。

子どもの集中力は、親が思っている以上に短いという事実があります。
集中力の持続時間はなんと、

幼児期:年齢+1分程度
小学生:15分程度
中学生:30分程度
高校生:45分程度
大学生:90分程度

であると言われています。
簡単にまとめると、3歳なら4分、4歳なら5分、5歳なら6分程度。
興味関心がほかに向いてしまうのも無理はありませんね。

湘南GoledenAgeアカデミーより抜粋

知育効果⑤ 空間認識能力が身につく

プラレールのブロック橋脚
プラレールのブロック橋脚

プラレールは坂のレールや高さをつけるブロック橋脚というパーツが販売されています。

高さをつけることでレールを下に潜(くぐ)らせることができ、レイアウトのバリエーションが増えます。

空間認識能力を高めることで、絵が上手に描けたり、地図が読めたり、他の能力も鍛えられます。

また、積み木、ブロック、パズルなどでも応用できるのでぜひ身につけたい能力です。

プラレールで遊ばせる場合は高さのあるレールやブロック橋脚はぜひ取り入れてみてください。
一気に遊び方の幅が広がります。

知育効果⑥ 達成感を味わえる

達成感は遊びに限らず、ご飯を残さず食べられた。身の回りのことを自分でできた。など「やり遂げた」「自分でできた」など達成感は自信や今後の意欲に繋がります。

小さな達成感を積み重ねることで困難にも立ち向かえる強い子になることも考えられます。

プラレールはレールの数によって完成の大きさが変わります。

完成が見えているので、そこに向かってレールを繋げていきます。

遊びの中で達成感を味わえるのは、積み木やブロックと同じような効果が得られるといえます。

知育効果⑦ 片付けのトレーニングができる

遊んだあとはお片付けです。

プラレールはレールの数が多いの、で片付けのトレーニングになります。
その際、お片付けボックスを用意してあげるとお片付けができたという達成感も味わえます。

レール用と車両用の片付けボックス
レール用と車両用の片付けボックス

お片付けは地頭力の良さにも繋がります。

どのようにすればお片付けボックスに収納でかかるのか、何度も繰り返すことで応用力が養われます。

他にも効率よく片付ける方法を考えることで頭の回転や柔軟性にも繋がります。

初めは上手くいかなくても子どもの応用力は素晴らしいです。

何度か繰り返すことでキレイに片付けができるようになるので、ぜひ片付けトレーニングに活用してみてください。

知育効果⑧ 地理や社会を学ぶきっかけ作り

プラレールは実際に走っている列車の模型で遊べます。

地理の勉強や交通ルールなどの社会のルールも自然に学べます。

踏切で止まる、最寄駅までの地理を覚えるなど学びのきっかけ作りになります。

知育目的でプラレールを遊ばせる時の注意点

知育目的でプラレールを遊ばせる時の注意点

プラレールの対象年齢は3歳です。
3歳に満たないお子さんの場合注意点があります。

また、知育効果を高める工夫・準備で効果が得られやすくなります。

では注意点を踏まえて解説致します。

レールを増やして想像力アップ

プラレールは様々なレールキットが販売されています。初めは30パーツくらいでも夢中になって遊びますが慣れてくると物足りなくなります。

そんなときはお子さんのプラレール熱に合わせてレールの買い足しをしましょう。

プラレールの知育効果はレールの組み立てにあります。
少し買い足すだけでも遊び方の幅が広がります。

ぜひ買い足しを検討してみてください。

特殊なレールを買って知育効果アップ

踏切や坂レールなど特殊なレールを追加するとさらに知育効果がアップします。

おすすめは坂レールブロック橋脚です。

高さを付けることでレールを下に潜らせたり、いますまでできなかったレイアウトも作れます。

ただし、特殊なレールは組み立てが難しいので初めのうちは親御さんが手伝いながら作ってあげるのをおすすめします。

片付けボックスで知育効果アップ

レールは意外に嵩張(かさば)ります。レールの数が増えると片付けもひと苦労です。

そんな時は片付けボックスの購入をおすすめします。

大き過ぎず小さ過ぎずお子さんが片付けられる大きさのボックスをおすすめします。

また、レール用ボックス、車両用ボッスク、その他のパーツ用と分けてあげると効率良くお片付けできます。
※レールをそのままにすると滑って転んでしまうこともあるので注意しましょう。

情景も買って地理や社会を学ぶ

プラレール 情景も買って地理や社会を学ぶ

レールを購入する際はトンネルや鉄橋、駅や踏切などのパーツも揃えてみてください。

それにより実際の線路を真似て作ることができます。

地理や交通ルールなど、社会勉強のきっかけにも繋がります。

[注意点]無制限に買い足さない

プラレールのレールは無数にあります。
レールや車両をどんどん買い足してしまうと歯止めが効かなくなります。

お部屋の広さに合わせて一定数以上は買い足さないようにしましょう。

また、いずれプラレールを卒業する時が来たときに置き場所に困ってしまいます。

お子さんの意思も大切ですが、買い足す時は誕生日やクリスマスに限定するなど買い与える頻度も大切です。

あとは兄弟で遊ぶときに取り合いにならないように買い足すとか、お子さんの成長に合わせて買い足すのが1番です。

長期間の休みのときに買い足すのも良いかもしれませんね。

「おもちゃを大事にする」という意味合いでも買い足す頻度は注意が必要です。

[注意点]電池の扱いは親御さんが行う

プラレールの電池交換
プラレールの電池交換

プラレールの電池交換はネジが必要なので大丈夫だと思いますが、電池交換は必ず親御さんが行うようにしましょう。

また列車を落とした際に車両カバーが外れてしまうことも考えられます。

列車の取り扱いは注意しましょう。

[注意点]液漏れに気を付ける

プラレールの液漏れによるサビ
プラレールの液漏れによるサビ

列車の電池は長期間使用しない場合は、電池を抜いておくようにしましょう。

しばらく使わないと電池が劣化していざ電源を入れると電池が熱くなったり、内部でガスが発生して液漏れの原因になることも考えられます。

他にも電池を逆向きに入れない、電池交換の際にホコリを取り除く、古い電池を使用しないなど電池の取り扱いは注意しましょう。

プラレールの効果的な遊び方で知育効果アップ

プラレールの効果的な遊び方で知育効果アップ

プラレールの知育効果は少し工夫することで普通に遊ばせるよりも効果的に知育に繋がります。

以下、4つをまとめてみました。

見本を見せる

遊びの幅が広がるキッカケは見本を見せることです。

レイアウトの見本を見せることでお子さんの想像力が広がります。

また、見聞きしたことを模倣して再現することで達成感も養われます。

あとは応用を効かせて遊びの幅が広がります。

できないときは一緒に作る

難しいレイアウトは1人でできないこともあります。

そんな時は親御さんが手伝ってあげましょう。

手伝ってあげることで協力する大切さを学びます。

その学びが保育園・幼稚園で役立つかもしれません。

他のおもちゃと組み合わせる

プラレールは他のおもちゃと組みあわせて遊べます。

例えばトミカと一緒に遊ぶことで1つの街みたいにレイアウトできます。

他にもフィギュアや人形を使い遊ぶことで楽しさが倍増します。

柔軟性や応用力も養えるおすすめの遊び方です。

補足説明をする

列車や各パーツの説明をしてあげることも重要です。

列車や各パーツの役割を教えてあげることで遊びに深みが出て、よりプラレールを好きになってくれるかもしれません。

プラレールの知育効果まとめ 効果的な遊び方を解説!まとめ

プラレールの知育効果まとめ 効果的な遊び方を解説!

今回はプラレールの知育効果についてまとめてみました。

この記事のまとめ
  • プラレールは知育効果が期待できる
  • 子どもの発育に役立てられる
  • 注意点に気を付ける
  • 見本を見せて効果的に知育効果アップ

プラレールは知育効果が期待できるおもちゃでお子さんの発育に役立てられます。

お子さんが1人でできない時は親御さんが協力してレイアウトを手伝ってあげることで協力することの大切さを学べます。

他にもプラレールはお子さんの成長を促す効果が沢山あります。

ぜひプラレールを知育遊びに加えてみてください。

※本記事は科学的な検証は行なっておりません。
※記事内容は個人の感想を含むので、実際に遊んでみて知育効果を確かめてみてください。

出典元:https://www.amazon.co.jp/
メーカー名タカラトミー(TAKARA TOMY)
商品名2種類の坂で楽しもう! 立体のぼりおりレールキット
参考価格2,373円
パーツ数34パーツ
※参考価格はAmazonより引用しています。