おもちゃのサブスク お得な情報はこちら >

マグフォーマーは何歳から?1歳からはまだ早い?徹底解説

マグフォーマーは何歳から?1歳からはまだ早い?徹底解説

カラフルな磁石のおもちゃで人気のマグフォーマー。

平面に並べたり立体的に組み合わせたりパズル感覚で遊べる知育玩具です。

対象年齢は3歳からですが「もっと早い年齢から遊べないのか?」気になりますよね。

そこで今回は「マグフォーマーは何歳から遊べるのか?」解説したいと思います。

まだ早いかなと感じられている方もぜひ参考にしてみてください。

マグフォーマーは何歳から?1歳からはまだ早い?徹底解説

マグフォーマーは何歳から?1歳からはまだ早い?徹底解説
この記事の内容
  • 何歳から遊べるのか?
  • 1歳からはまだ早いのか?
  • 1歳児の遊び方
  • メリット・デメリット
  • マグフォーマーの種類
  • 何ピースを購入すれば良いのか?

それでは順番に見てみましょう。

マグフォーマー何歳から遊べる?

マグフォーマーの対象年齢は3歳からになっています。
マグフォーマーの特徴は磁石がくっつく体験ができ、平面に並べたり立体的な図形が作れます。

また、辺と辺の長さを意識して遊べるので算数的な要素も遊びながら養えます。

その反面、磁力が強いので3歳までのお子さんだと磁石を剥がすのが難しいかもしれません。

とはいえ磁石を重ねたり並べるだけなら3歳までのお子さんでも十分に遊べます。

マグフォーマーは何歳から遊ぶ人が多い?

実際にマグフォーマーは何歳から遊ぶ人が多いのかSNSを参考に見てみたいと思います。

SNSでは1歳ごろからマグフォーマーで遊ばせている方が多いようです。
中には6ヶ月くらいから遊ばせています。

マグフォーマーは他のおもちゃと比べて安全性が高くケガをすることもありません。
中にはプラスチックが割れて磁石を飲み込みそうになったり、マグフォーマーを踏んづけて滑って転んでしまったというお子さんもいらっしゃるようです。

マグフォーマーは小さなお子さんでも磁石をくっつけることができます。

対象年齢(3歳~)に満たない場合は、親御さんが見守ってあげながら遊ばせてあげるようにしましょう。

マグフォーマーは1歳ではまだ早い?

対象年齢は3歳からなので1歳だとまだ早いかなと感じるかもしれませんが、1歳からでも十分楽しめます。
マグフォーマーはそこまで小さなパーツはないので誤飲の心配も有りません。

1歳だと複雑な図形を作るのは難しいのですが、磁石をくっつけたり並べて遊ぶことは十分可能です。

指先の運動になり知育効果が見込めます。

また1つひとつのパーツがカラフルなので色彩感覚を養うのにもぴったりです。
初めのうちはお花や木など身近なものを作り、慣れてきたら親御さんが手伝いながら立体的な図形を一緒に作るのもおすすめです。

1歳児のマグフォーマーの遊び方

1歳児のマグフォーマーの遊び方

マグフォーマーは磁力が強いのでくっつくだけでもお子さんは喜びます。
特に何かを作るわけではなく磁石の特性を覚えるだけでも十分知育効果が得られます。

実際に磁石のくっつき方を理解することで実体験が得られ、その記憶が「やったことがある遊び」ということで自信にも繋がります。

子どもの脳は3歳までに80%、6歳までに90%は完成すると言われています。 

人間の脳は3歳までに80%、6歳までに90%、12歳までに100%完成すると言う事が分かってきたのです。

ベビーパークより引用

その間に培った経験が今後何かの役に立つこともあります。

そのためのステップとして磁石遊びも大切な経験です。

では1歳くらいでどんな遊び方が出来るのか見てみましょう。

重ねて遊ぶ

マグフォーマーは磁力が強いので縦横キッチリと重ねられます。この感覚は大人でも気持ち良く、どのパーツがくっつけられてどのパーツがくっつけられないのか回数を重ねるたびに覚えていきます。

何度か重ねる遊びを繰り返すことで、次の遊び方のステップに繋がります。

重ねるときの「カチッ」という音は爽快です。

平面に並べる

重ねる遊び方をある程度マスターしたら次のステップは平面に並べて何かしらの形を作ります。

ただこちらも何かを作るというわけではなく平面に重ねていきくっつく感覚を楽しむ感じです。

複雑な形は作れないので、色を合わせたり、形を合わせたり、それでも子どもは喜んで遊びます。

また、平面に並べるのと重ねる遊びを混ぜて遊ぶことができるので遊び方の幅が広がります。

大人と一緒に遊ぶ

1歳のお子さんで作れる範囲は決まっているので、親御さんの登場です。

簡単に見本を見せてあげることで子どもは記憶します。

すぐに同じものが作れなくても、何度か見本を見せてあげることで自然に覚えていきます。
そうすることで一気に遊び方の幅が広がり、自分でお花を作ったり、動物や乗り物を作ります。

このように何度も繰り返し遊ぶことで手先も器用になり頭の体操にもなります。

手先や頭を使うことで快適な睡眠にも繋がるのでぜひお試しください。

マグフォーマーのメリット・デメリット

メリット
  1. 指先が器用になる
  2. 立体をイメージできる
  3. 色彩感覚が養える
  4. 遊び方が無限大
  5. 角が丸くて安全
  6. 片付けやすい
  7. 磁力が強くて作りやすい
デメリット
  1. 値段が高い
  2. 磁力が強い

マグフォーマーはブロック遊びが初めてのお子さんも磁力が強いので簡単に遊べます。

指先、色彩、立体感覚など知育効果も期待できます。

その反面マグフォーマーは値段が高いです。
マグフォーマーの値段は以下の通りです。

商品名ピース数参考価格
ベーシックセット(14ピース)14ピース2,970円(税込)
ベーシックセット(30ピース)30ピース7,260円(税込)
ベーシックセット(62ピース)62ピース13,200円(税込)
ディスカバリーBOX71ピース17,050円(税込)
クリエイティブセット90ピース19,800円(税込)

また、磁力が強いので握力が弱いうちはくっつけられても取り外しが難しいかもしれません。

他にも立体的に組み合わせられるまでは時間がかかるかもしれません。

マグフォーマーは何歳から遊ぶべき?

マグフォーマーの対象年齢は3歳ですが1歳くらいでも遊べます。

1歳くらいだと磁石を重ねたり平面に並べながら磁石の特性を覚えていきます。

あまり小さいと誤飲の心配もありますが、パーツ自体大きいので危険性は低いです。
※ただし、プラスチックが割れて磁石を飲み込んでしまうと危険なので注意しながら遊びましょう。

商品名ベーシックセット
ピース数62ピース
参考価格13,200円

★マグフォーマーの種類

正規品

商品名ベーシックセット
ピース数62ピース
参考価格13,200円

海外の正規品を日本の正規代理店を通して輸入され検品を行います。
そして日本の販売店に卸し販売を行なっています。

日本の正規輸入代理店は「株式会社ボーネルンド」で、箱や説明書は日本語表記されています。

並行輸入品

商品名ベーシックセット
ピース数62ピース
参考価格6,999円

海外の正規品を直接業者が輸入している商品で、値段は正規品より安く購入可能です。
海外製品のため箱や説明書(組み立てガイドブック・注意事項)は全て英語で記載されています。

商品自体は正規品と変わらずピースには「MAGFORMERS」の刻印が入っています。

類似品

Jasonwell Magnetic Blocks(ジェイソンウェル マグネティックブロック)
出典元:https://www.amazon.co.jp/

マグフォーマーの類似品は偽物というわけではなくマグフォーマーに似せて作られた全く別の商品です。
同じような形状なので互換性があり買い足す際に利用される方も多くいらっしゃいます。

マグフォーマー類似品の最大の特長は値段の安さです。

正規品の1ピースあたりの値段は200円前後ですが類似品は安いもので1ピースあたり30円ほどとかなり安く購入できます。

商品名個数参考価格1ピースあたり
Jasonwell 42pcs42ピース2,499円60円
Jasonwell 108pcs108ピース3,299円31円
Jasonwell 133pcs133ピース4,180円31円
※参考価格はAmazonより

マグフォーマーの類似品はこちらの記事でもまとめています。
ぜひ参考にしてみてください。

マグフォーマーの選び方|何ピースを購入すればいいの?

商品名ベーシックセット
ピース数62ピース
参考価格13,200円

マグフォーマーは幾つが種類がありますが、初めて購入する際はベーシックの62ピースをおすすめします。
マグフォーマーは類似品も含め買い足しができます。

62ピース以下の14ピース・30ピースだと少し物足りなく、90ピースだともし遊ばなかったときに困ります。

62ピースは五角形のピース、正方形のピース、正三角形のピースが含まれており、それぞれを組み合わせて遊べます。
数も多過ぎず少な過ぎずといった感じでちょうど良い数です。

もし遊んでみて足りないようでしたら買い足せばOK。

マグフォーマーは何歳から?1歳からはまだ早い?徹底解説|まとめ

ここまでの内容をまとめてみます。

この記事のまとめ
  • 対象年齢は3歳から
  • 1歳からでも十分遊べる
  • 遊び方が豊富
  • 正規品/並行輸入品/類似品がある
  • 最初はベーシック62ピースがおすすめ

マグフォーマーは知育玩具の中でも壊れにくくパーツが買い足せるので、お子さんの成長に合わせて長く遊べます。

レゴブロックも買い足すことができて知育効果があるのでレゴブロックも気になる方はこちらの記事でまとめています。

マグフォーマーの対象年齢は3歳なので1歳からだとまだ早いと感じるかもしれませんが、親御さんが一緒に遊んであげることで遊び方も覚えられて知育効果も期待できます。

またマグフォーマーはレンタルできるサービスもあります。

マグフォーマーがレンタルできるサービスは以下の2社です。

人気ナンバー1 トイサブ!

トイサブ
トイサブ
  • おもちゃのサブスク最大手
  • おもちゃがレンタルできる定額サービス
  • プロの視点でおもちゃを選択
  • 初月20%OFFキャンペーン
  • まとめ払いで5%、10%OFF
  • 破損・部品を紛失しても原則弁償不要
    ※ルール違反の場合を除く

 

大型有もレンタルOK サークルトイズ

サークルトイズ
  • 大型遊具・おもちゃのレンタルサービス
  • おもちゃ・遊具を1つずつレンタル
  • キャンペーン実施中

初めてのおもちゃは遊んでくれるか心配です。
レンタルサービスを利用すればお試しでおもちゃが遊べます。

その後、気に入れば購入できるサブスクサービスもあるので、ぜひおもちゃがレンタルできるサブスクサービスも確認してみてください。